本文へスキップ

元銀行員が住宅ローンのすべてをわかりやすく説明します

公開日:2019年 4月14日
更新日:2022年 1月12日


トップページ > 住宅ローンの選び方(新規借入編)

住宅ローンの選び方(新規借入編)

家はとても大きな買い物です。
一般的には、人生で最大の買い物と言えるでしょう。
その買い物のために、銀行からお金を借りるんです。
その借りるお金、すなわち住宅ローンもある意味買い物なんです。
買い物をする時、皆さんはどうしますか。
同じものであれば、少しでも安いお店で買いますよね。
住宅ローンも同じです。
少しでも金利の安い住宅ローンを選ぶべきなんです。
では具体的に住宅ローン金利でどのくらい影響があるのか見ていきましょう。


条件は借入金額4,000万円、返済期間35年、全期間固定金利型、元利均等返済、ボーナス併用払いなしとします。

金利   毎月返済額  年間返済額  総返済額
3.0%  153,940円  1,847,280円  64,654,800円
2.9%  151,716円  1,820,592円  63,720,720円
2.8%  149,510円  1,794,120円  62,794,200円
2.7%  147,321円  1,767,852円  61,874,820円
2.6%  145,151円  1,741,812円  60,963,420円
2.5%  142,998円  1,715,976円  60,059,160円

ご覧の通りわずか0.1%の金利差であっても、毎月で約2,200円、年間で約27,000円、総額では90万円以上の差になるんです。
たった、0.1%の金利差ですよ。
では0.5%の金利差ならどうでしょう。
毎月で約11,000円、年間で約131,000円、総額では約460万円の差になるんです。
家を買うために住宅ローンを借ります。
住宅ローンで借りたお金で家を買うんです。
家を買うことを住宅ローンを買うという発想に切り替えて見て下さい。
住宅ローンという商品を買うんです。
住宅ローンはお金です。
お金に色はありません。
その値段を決めるのが金利なんです。
家を買うための住宅ローンを安く買う(借りる)ということは、金利の低い住宅ローンを借りることにほかなりません。
この章では、家を購入するために新しく住宅ローンを借りる際の住宅ローンの選び方について説明していきます。


ナビゲーション