本文へスキップ

元銀行員が住宅ローンのすべてをわかりやすく説明します

公開日:2019年 4月14日
更新日:2022年 1月12日


トップページ > 住宅ローンの概要

住宅ローンの概要

住宅ローンとは

本人またはその家族が居住するための土地や住宅を取得するために土地と家屋を担保として金融機関から受ける融資のことです。
融資ですから金融機関の審査にパスしなければ住宅ローンは組めません。
詳細は後述しますが審査される内容は大まかに言えば勤務先、年収、健康状態、担保となる土地と家屋の評価といったところでしょうか。
住宅ローンは土地と家屋を担保として融資を行いますので審査は比較的緩やかです。
また家を建てる際だけでなく、既存の住宅ローンを別の住宅ローンで借り換えることも可能です。
住宅ローンの借り換えは金利の低い住宅ローンに借り換えるなど、金利面でメリットが出る場合には積極的に活用しましょう。

公的ローンと民間ローン

貸し出す金融機関の種類によって「公的ローン」と「民間ローン」に分かれます。
一般的には銀行などの金融機関が取り扱う「民間ローン」の方がなじみがあるかもしれないですね。
「公的ローン」は住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)融資、財形住宅融資、自治体融資のことをいいます。
物件に対する条件がありますが、年収など借主に対する条件はやや低く金利面でも比較的有利です。
「民間ローン」は、銀行、信用金庫・労働金庫、住宅ローン専門会社、生命保険会社などの金融機関の融資です。
年収、返済能力などの借主に対する条件は比較的厳しいですが、物件に対する条件はやや低く融資限度額も高めです。
そのほかには会社が独自に行っている社内融資などもあります。
私は土地を取得する際、社内融資を利用しました。
では、次ページ以降で「公的ローン」と「民間ローン」についてもう少し詳しく説明します。



ナビゲーション