本文へスキップ

元銀行員が住宅ローンのすべてをわかりやすく説明します

公開日:2019年 4月14日
更新日:2022年 1月12日

カードローンを整理する

カードローンは、クレジットカードのようにショッピング機能はありませんが、あらかじめ決まった金額(極度額といいます)までなら、カード1枚でその金額までATMで何度も自由にお金が借りられる商品です。
銀行系や信販系の商品があります。
金利はクレジットカードのキャッシングほど高くなく、私も若いころは自分の銀行のカードローンをよく使っていました。
また、カードローンのキャンペーンがあれば、お客さんに頼み込んでカードローンを作成してもらったりしました。
このカードローンもクレジットカード同様、いつでもお金が借りられるわけですから、借りていなくてもこの枠が既に借りているものだとみなされてしまうことがあるんです。
皆さんもお付き合いのある銀行で頼まれてカードローンを作っていませんか?
カードローンはクレジットカードのキャッシング枠よりお金の借りられる極度額の大きい商品が多いんです。
私が使っていた自分の銀行のカードローンの極度額は300万円でした。
このほかにも付き合いのある他の銀行の知人から頼まれて作ったカードローンが2件あり、それぞれ100万円の極度額でしたので、合計500万円の極度額のカードローンを保有していました。
カードローンを利用していなくても500万円の借金があると見なされるんです。
上述のクレジットカードのキャッシング枠300万円と合わせれば、私は借金がないにもかかわらず800万円の借金があると見なされるんです。
これだけで住宅ローンの審査には充分マイナス要因です。
お付き合いで作った使用していないカードローンがあれば、即刻解約しましょう。
もしカードローンを利用しているのであれば、必要最低限までお金の借りられる極度額を減額しましょう。
お金の借りられる極度額の変更は増額する場合は再度審査がありますが、減額する分には簡単に手続きができます。


ナビゲーション