本文へスキップ

元銀行員が住宅ローンのすべてをわかりやすく説明します

公開日:2019年 4月14日
更新日:2022年 1月12日

頭金を準備する

頭金を用意していると住宅ローン審査の印象がグッとよくなります。
その金額は多ければ多いほどいいんですが、現実的には難しいところもあるので、今後の生活に無理のない範囲で構いません。
住宅購入の頭金は一般的に2割が妥当とされています。
ですから、住宅購入資金の2割以上の頭金が用意できれば住宅ローンの審査上、何の問題もありません。
ということは、購入物件の価格が3,000万円なら600万円、4,000万円なら800万円の頭金が必要になります。
結構な金額ですよね。
私が銀行員時代、頭金なしでの住宅ローン申し込みを随分受けました。
頭金を準備できないというお客様も少なくないんです。
失礼な話ですが、私たちはそのようなお客様を「マルガリータ」と呼んでいました。
部下に「さっきの住宅ローンのお客さんどうだった?」と訊ねると、
部下は「困ったことにマルガリータなんですよ」と答えるっていう感じです。
年収などが高く、個人信用情報に問題がなければ審査に通るケースもありましたが、やはり頭金のないお客さんは住宅ローンの審査に落ちるケースが多かったですね。
家を購入するのに頭金すら用意できない人は審査から「お金を貯められない人」、「計画性がない人」と思われてしまうんです。
そのような印象を抱かれてしまうと、「この人は本当に返済できるのか?」と勘ぐられてしまい、本来だったらスルーされるはずの部分まで疑われて調べられてしまうんです。
ですから、住宅購入資金の2割の頭金は無理であっても、できる範囲で頭金を用意するようにしましょう。
住宅購入資金の1割でも構いません。
それも無理なら100万円でも50万円でも構いません。
頭金だけは少額でも準備するようにして下さい。
住宅購入資金の2割でなくても、頭金があるのとないのでは審査の印象が大きく変わります。


ナビゲーション