本文へスキップ

元銀行員が住宅ローンのすべてをわかりやすく説明します

公開日:2019年 4月14日
更新日:2022年 2月 4日

頭金を用意できない人

頭金とは住宅購入の一部に充てる自分で保有している現金のことです。
「返済負担率」にも関係しますが頭金が用意できない人は、住宅ローン審査に通りにくいタイプとです。
頭金の額が多いほど借り入れる住宅ローンの額は少なくて済みますし、住宅ローンの審査のうえでも大変有利です。
住宅を購入する際の頭金は住宅価格の20%が必要と言われていたこともありますが、最近では住宅価格の全額を借り入れすることもできますので、頭金を用意できなくても住宅を購入することが可能になりました。
しかし、頭金を用意していると住宅ローン審査の印象がグッとよくなります。
その金額は多ければ多いほどいいんですが、現実的には難しいところもあるので、今後の生活に無理のない範囲で構いません。
住宅購入の頭金は一般的に2割が妥当とされています。
ですから、住宅購入資金の2割以上の頭金が用意できれば住宅ローンの審査上、何の問題もありません。
家を購入するのに頭金すら用意できない人は審査から「お金を貯められない人」、「計画性がない人」と思われてしまうんです。
頭金は住宅購入資金の2割以上でなければいけないかといえばそうでもありません。
住宅購入資金の2割の頭金は無理であっても、できる範囲で構いません。
住宅購入資金の1割でも構いません。
それも無理なら100万円でも50万円でも構いません。
頭金なしでの住宅ローン申し込みは決して少なくありませんが、このような人は住宅ローン審査に通りにくいタイプといえるでしょう。


ナビゲーション